わたしが参加したのが、相当前だったのですが、MTを17日間で取得できました。

このまま一人で卒業までの期間を過ごすのがとてもさみしくなりました。

でも、自分のほうから、心を開くと初日に何でも話せる子ができました。

宿泊プランはいろんな種類があり、ホテルのシングルプランにしました。

最近の合宿は、宿泊先など特典が沢山あります。

例えばホテルがオーシャンビューだったり、カラオケを宿泊中は使い放題だったりします。

カリキュラムが終わると残りは自由時間ですから、合宿の勉強とともにゆったりした気分を満喫することもできます。

三食付きで料金は確か25万円程だったと思います。

大学の生協で申込み割引がされたのでかなり安く済みました。

合宿なら、短期間で集中して練習できるというのがいいのです。

運転免許を合宿免許で取りにいきました合宿免許で一番楽しかったのは、同い年の人達と仲良くなることです。

一緒に入学した同期生とは関りが強く、毎日6時間くらい一緒にいます。

教習が1日に数コマしかなく、空いている待ち時間はロビーのようなところで待っておくしかないのです。

そこで、祖母にお願いしてネットで一番安い合宿でとれる教習所を探し、3年の夏休みに一人で行くことにしました。

私が行った所は、山梨県で、交通費も全額支給してくれました。

この人が係員なのだと直感で分かりました。

無事に係員と合流した私は教習所へ向かう事になりました。

とにかく、免許取得までの2週間、現実とは違った生活空間でとても楽しかったです。

ただ、一つ忠告ですが、私のように一人で行くと、他人と同部屋になります。

いざ免許取得の為に、車に乗ってみると想像以上に難しく焦りました。

合宿免許のメリットは「格安」「短期間で教習過程が終了できる」「カリキュラムが決まっているので予約等の面倒な作業が必要ない」私も合宿免許を利用したのですが、土地勘がないことが困ったことの一つです。

しかしどうしても免許が欲しくて、車を運転している夢を何回も見るようになり、思い切って教習合宿へ参加することにしました。

まず、今の合宿免許は、いろいろと楽しみがあります。

料金が安いだけでなく、普通に旅行をしているような感覚で免許を取ることができます。

沢山のパンフレットの中から選んだのが「兵庫県」。

その教習所は教習スケジュールもキッチリと掲載してあり、宿舎の部屋も綺麗で食堂も清潔でした。

2週間知らない人と生活を共にするのだから、なるべく近場で綺麗な所を…と決めました。

自由時間もあったようですが、それぞれの部屋で過ごすことが多く、ほとんど接点がなく、話す機会自体がほとんどなかったようです。

そのため、普通の社会人では難しいと思われます。

そんなことから、学生が利用しているケースが多いのです。

合宿の良いところの一つは、自然の中で運転ができることかもしれないと感じました。

しかしトータルして振り返ると、今まで挫折を繰り返してきた免許取得も、合宿免許に参加したことで念願が叶いました。

私は大学卒業時に10日間の合宿免許に行きました。

最初は行く気がなかったのですが、社会人になってからは通うのが難しいという理由から急遽申し込むことになりました。

それに学校側としても、卒業生の口コミは重要になっているはずで、卒業生から「○○学校のご飯は美味しくない」なんて聞いてしまった人は二週間近く食べる料理が不味いだなんて、行きたくもなくなってしまうはずです。

 自動車学校のパンフレットでよくよく目にする紹介文は、取得コースの説明や、風光明媚を讃えた爽やかなキャッチコピーですね。

でも合宿、ですから。

寝るし食べるし、どうせ食べるなら美味しいものがいい!しかし、いざメンバーで集合してみるとそんな不安な要素はどこへなくなりました。

女性におすすめ合宿免許